明治安田J2第1節は23日、各地で11試合を行い、栃木SCは長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で長崎と対戦、0-1で競り負けた。J2復帰後の開幕戦は3季連続で白星を逃した。

 栃木SCは4-4-2の布陣で新加入組が6人先発。前線には元日本代表の矢野貴章とJ1鹿島から期限付きで加入した有馬幸太郎の両FWが並んだ。

 前半はその矢野をターゲットにロングボールを多用する展開に持ち込んだが、奪ったセットプレーのチャンスを生かせない。逆に22分、相手の左CKから先制を許した。後半は元Uー23北朝鮮代表のFW韓勇太を投入するなど攻撃のカードを切り続けたが、最後まで1点が遠かった。

 次節は3月1日午後2時から、水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で水戸と対戦する。