ランドセルカバー贈呈

 【真岡】交通事故防止などを目的に真岡署と真岡地区交通安全協会、同協会女性部会は25日、署管内(真岡市、益子町、芳賀町)の計21小学校の新1年生約1千人を対象に、反射材付きの黄色のランドセルカバーと、家庭と学校を結ぶ連絡帳を署で贈呈した。

 高木克尚(たかぎかつひさ)署長や協会の伊藤芳夫(いとうよしお)会長が「新入生が安心して通学できるようにしてほしい」などとあいさつ。3市町の小学校を代表して訪れた真岡市長沼小、益子町田野小、芳賀町芳賀北小の各校長にそれぞれ手渡した。各校長は「黄色のランドセルカバーは小学生の初心者マーク。交通安全教育にも力を入れていきたい」などと感謝していた。