提唱した「とちぎモデル」の資料を手にする奥勝さん。遺影の公輝さん(左奥)は発信を続ける父の姿を見守ってきた=20日午前、さくら市氏家

提唱した「とちぎモデル」の資料を手にする奥勝さん。再発防止を願い3年間、積極的な発信を続けてきた=20日午前、さくら市氏家

提唱した「とちぎモデル」の資料を手にする奥勝さん。遺影の公輝さん(左奥)は発信を続ける父の姿を見守ってきた=20日午前、さくら市氏家 提唱した「とちぎモデル」の資料を手にする奥勝さん。再発防止を願い3年間、積極的な発信を続けてきた=20日午前、さくら市氏家

那須町で2017年3月、大田原高の生徒と教員計8人が死亡した雪崩事故は、27日で発生から3年となる。