【鹿沼】鹿沼さつきマラソン大会(市など主催)の実行委員会は30日、5月10日開催の同大会を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染防止のため。

 例年1万人の市民ランナーが参加する県内最大規模の大会。実行委は「新型コロナウイルスの終息の目途が立たない状況や専門家会議の提言を踏まえランナー、ボランティア、来場者の安全第一を考えた」と説明。

 40回記念大会となる今回はハーフマラソンから2キロまでの5コース、年齢などで計29種目を設定。ゲストランナーとして卓球の五輪メダリストで「かぬまふるさと大使」の平野早矢香(ひらのさやか)さんが3年ぶりに参加する予定だった。

 市によると、同大会の中止は初めてという。