黒川河川敷に流されたが、美しい花を咲かせた桜

 【鹿沼】昨年10月の台風19号で黒川の護岸が崩れ、流れ出たソメイヨシノが府中橋と朝日橋の間の河川敷で見事な花を咲かせている。

 黒川護岸にあった5本のソメイヨシノは濁流に流され、数百メートル下流の河川敷公園に残った。根こそぎ流れたが、1本の木の複数の枝から真っ白な花を付けた。約半年間、河川敷でじっと耐えたことになる。

 散歩コースにしている市内の70代男性は「すごい生命力、意地で花を咲かせたようにも見える。また、はかなさも感じる」という。男性は「台風復興のシンボル。『1本桜』として枝を生かし、モニュメント風に残せないものか」と提案する。