従業員が新型コロナウイルスに感染したことを受け、臨時休業が続いている生活雑貨専門店の宇都宮インターパークロフト(宇都宮市インターパーク6丁目)が3日、営業を再開する。全商品の入れ替え作業を終え、約1カ月ぶりの営業となる。

 同店は30代女性従業員の感染が確認されたため、3月6日から臨時休業していた。店舗を運営するロフト(東京都渋谷区)によると、宇都宮市保健所の指導の下、消毒した後、休業前にあった商品は店頭から取り除いた。他の店舗やメーカーから新たな商品の納品が済んだことから、営業再開を決めた。

 同社の広報担当者は「お客さまにご心配をお掛けして申し訳ない。より一層衛生管理を徹底していく」と話した。3日は、FKDインターパーク店が開店する午前10時から営業を開始する。