和田安司候補

斎藤淳一郎候補

和田安司候補 斎藤淳一郎候補

 任期満了に伴う矢板市長選は5日告示された。いずれも無所属で、新人で前市議会議長のホテル業和田安司(わだやすじ)氏(59)=自民、公明推薦=と再選を目指す現職の斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)氏(47)が立候補を届け出た。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、両氏とも大人数を集めての出陣式を見送る中、和田氏は国と県、矢板市を一つにすると主張、斎藤氏は新型コロナ対策を訴え、一騎打ちの選挙戦に突入した。

 和田氏は午前11時から同市矢板のカインズ矢板店前、午後1時から泉小前、同3時からJR片岡駅西口と、3カ所に分けて第一声街頭演説を行った。

 福田富一(ふくだとみかず)知事、簗和生(やなかずお)衆院議員、上野通子(うえのみちこ)、高橋克法(たかはしかつのり)両参院議員をはじめ、県議、近隣市長らが応援に駆け付けた。

 和田氏は「当選したら市長報酬を30%カットして、新型コロナ対策に取り組む。少子高齢化社会、公共施設の更新、大規模化する自然災害に対応するため、市民の古里を思う気持ちを、国と県、矢板市を一つにする」と語気を強めた。

 斎藤氏は午前10時から、同市鹿島町の交差点で出馬表明後から継続してきた街頭演説を行い、第一声に代えた。

 斎藤氏は「今後取り組む新型コロナ対策は3点。国際医療福祉大塩谷病院の機能強化への支援や、マスクや消毒液の備蓄など感染症対策も加えた自主防災組織の拡充、大きな影響が出ている飲食やサービス業対象のプレミアム付き商品券発行事業などの国と連携した景気対策の推進だ」と力を込めた。

 大規模な街頭演説会は実施しない方針のため、応援弁士は立たなかった。

 投票は12日に市内20カ所で行われ、同日午後9時から同市本町の市体育館で即日開票される。