校舎の中庭で行われた入学式=8日午前9時45分、小山市間々田

 小山市間々田中学校は8日、同校の中庭で入学式を行った。新型コロナウイルス感染防止のため、会場を本来の体育館から屋外に変更。真新しい制服とマスク姿の新入生152人は一つ一つ間隔を開けた椅子に並び、保護者は校舎内の廊下や渡り廊下からわが子の晴れ姿を見守った。

 担任が全員の名前を読み上げた後、亀山孝明(かめやまたかあき)校長(59)は「体を近づけることができない分、心を近づけることで、この厳しい局面を乗り越えよう」と呼び掛けた。

 校歌はCDの音源のみで斉唱せず、式は約20分で終了した。2、3年生は出席できなかったが、昇降口に桜の木に見立てたメッセージの寄せ書きを掲示し、入学を祝った。