任期満了に伴う鹿沼市長選は24日投票が行われ、即日開票される。元国会議員政策秘書の新人石下友彦(いしげともひこ)氏(47)=自民、公明推薦=と4選を目指す現職佐藤信(さとうしん)氏(73)の無所属同士の12年ぶりの一騎打ち。新型コロナウイルスの感染防止のため集会などの運動が制約される中、新型コロナ対策、災害復旧などを争点に激しい戦いを繰り広げている。

 出馬表明が3月末と出遅れた石下氏は「変えよう鹿沼」をスローガンに街頭演説を精力的にこなしている。災害復旧のスピード化、さらに新型コロナ対策として2年間の小中学生の給食費無料、赤字企業に最高300万円の補助などを掲げた。未来への投資、47歳の若さ、秘書時代の人脈などをアピールしている。

 一方、佐藤氏は財政を健全化した3期12年の実績を強調、チラシには「鹿沼を守り抜く」の文言も。当面の課題を新型コロナ対策、災害復旧、防災拠点としての新庁舎建設の3点を挙げたほか、市花木センターの大改造、新産業団地の整備なども公約としている。持続可能なまちづくりを目指すとしており、市政の継続を訴えている。