受け付けで避難者の体調を確認する様子

 【宇都宮】新型コロナウイルス感染拡大中に大規模災害が起こった場合に備えようと、市は2日、新型コロナに対応した避難所開設・運営訓練を富屋地区市民センターで行った。3月に避難所開設・運営の市ガイドラインを策定したことを受け初めて実施。避難者の体調チェックや3密防止などの対策を取りながら、避難所開設から避難者受け入れまでのプロセスをシミュレーションした。

 訓練は、昨年の台風19号規模の風水害を想定。市の関係部局の職員約40人が参加した。新型コロナの感染拡大を受け市は、6月中にガイドラインを修正する予定なことから、課題を洗い出す狙いもある。

 この日は、施設の外に受け付けを設け、感染の疑いがある人の避難ルートと避難場所を別エリアに設置。避難所設営では、「密」を避けるため各世帯間の距離を2メートルほど確保できるよう、2人の職員がメジャーとカラーテープを使って区画割りした。

 運営の訓練では、5世帯が避難し、うち1世帯に体調不良の人がいることを想定した。受け付け担当が避難者役一人一人に「体調はどうですか」と尋ねて検温、健康状態を確認。体調が優れない人がいる世帯には人数分のマスクを配布したほか、アルコール消毒を促すなどして、別エリアの避難所に誘導した。

 市危機管理課の大沢悟(おおさわさとる)課長は「人員や物品の確保など受け入れる体制を強化する必要性を感じた。早急に方策を考えたい」と話した。