宇都宮市の認可外保育施設「といず」=廃止=で2014年7月、宿泊保育中の女児=当時9カ月=が死亡した事件で、両親が宇都宮市や施設などに計約1億1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3日、宇都宮地裁であり、伊良原恵吾裁判長は、虐待通報を受けた同市の対応について過失を認定、死亡との因果関係を認め、計約6300万円の支払いを命じた。

 主文の言い渡し後に法廷内で要旨を説明し、同市側の対応について「極めて不十分。職務上の注意義務を尽くしたとはいえない」などと述べた。