新緑の季節に白色が目を引くシライトソウ

 栃木県日光市山内の世界遺産「日光の社寺」の表参道で、石垣にひっそりと咲くかれんなシライトソウが見頃を迎えている。

 シライトソウは山地などに生える多年草で、初夏に開花する。

 表参道では区域案内図の近くの石垣の上に自生し、今年は5月中旬に咲き始めた。新緑が鮮やかな表参道で、風に揺れるかわいらしい白い糸状の花が確認できる。

 山内地区の自治会長岸野稔(きしのみのる)さん(73)は「年々数が増え、今年もきれいに咲いている。石垣の下から見上げて楽しんでほしい」と話した。例年6月いっぱい咲いているという。