医療従事者に向けて寄せられた動画の一場面

 【宇都宮】新型コロナウイルス感染症対策の最前線で奮闘する医療従事者に感謝の思いを伝えようと、宇都宮青年会議所(JC)は子どもたちからのメッセージ動画を募集している。

 「♯びょういんではたらくひとたちへ」と題したプロジェクトで、多くの市民に医療従事者への感謝の思いを持ってもらうことが目的。5月23日に専用ホームページ(HP)を開設し、動画の募集を始めた。

 動画では、メッセージや絵を描いた画用紙を持ちながら一言を添えてもらう。医師や看護師を描いた画用紙を手にして「お医者さん、ありがとう」「看護師さん、頑張って」「コロナに負けないでください」と感謝やエールの気持ちを込めた動画などが届いている。

 集まった動画は、DVDにして県医師会を通じて医療従事者に届けられる。HPや会員制交流サイト(SNS)での一般公開も予定しているという。

 同JCの新妻克隆(にいづまよしたか)理事長(39)は「子どもたちには、健康や安全のために努力してくれている人たちがいることを伝えたい。市民にも感染防止のためにできることを改めて考えてもらいたい」と話している。

 動画の募集は6月末までを予定。詳しくはHP(https://www.kidsyell.com)。