県と宇都宮市は28日、県内で新型コロナウイルスの感染者を新たに5人確認したと発表した。いずれも27日に3人の感染が判明した同市宿郷1丁目のキャバクラ店「CLUB EIGHT(クラブ・エイト)」に勤務する10~30代の男女。同店では計8人の従業員が感染し、県外からの利用客1人を含めると計9人となる。県は県内初のクラスター(感染者集団)に該当すると判断した。県内で確認された感染者数は計74人となった。

クラスターが発生した宇都宮市内の飲食店の感染者

 クラブ・エイトの感染者8人のうちの3人が、同店に近接する系列店のキャバクラ店「クラブ ‘efu(エフ)」の勤務を兼務していたことも判明。県などは、両店を22日午後11時~27日午前4時に来店した客で、体調不良などの症状がある場合は最寄りの保健所に連絡するよう呼び掛けている。

 新たな感染者は同市の30代男性と10代女性、鹿沼市の30代男性、上三川町の20代女性、那須烏山市の20代女性。5人とも軽症などで、重症化はしていない。

 県などは28日にクラブ・エイトの全従業員ら計27人のうち25人と、相談があった利用客8人についてPCR検査を実施。利用客は全員陰性だった。29日にはクラブエフの従業員10人程度と、感染者の家族ら濃厚接触者の検査を行う。

 27日に陽性が判明した益子町の20代女性(67例目)の濃厚接触者である祖母、知人2人も検査し、いずれも陰性だった。

 クラスターについて厚生労働省は「1カ所で5人以上のつながりのある感染者が出たケース」と定義。県は宇都宮市と合同で、接触の可能性がある従業員や利用客を幅広く検査し、さらなる感染拡大を防ぐ方針。県は29日に対策本部会議を開き、今後の対応について協議する。

 県と同市は28日に45件の検査を実施。累計は6999件となった。