新型コロナウイルス感染者が那須烏山市内で初確認されたことを受け、同市は29日、市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を市役所烏山庁舎で開いた。川俣純子(かわまたじゅんこ)市長は「感染者の家族も濃厚接触者になっており、一気に人数が増える可能性がある」と危機感を表した。

 今後の対応については30日の同会議で正式決定するが、公民館や図書館、体育館などの市有施設を2週間程度閉鎖するほか、既に29日から閉鎖している山あげ会館、龍門ふるさと民芸館、大金駅前観光交流施設の閉鎖期間も2週間程度とすることを確認した。

 感染者の20代女性は、県内初のクラスター(感染者集団)が発生した宇都宮市内のキャバクラ店に勤務していた。