野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は1日、栃木市大平町のエイジェックさくら球場で茨城と対戦し、四回から初登板した成瀬善久の好投などで4-0で快勝した。通算成績は3勝1分け1敗。

 栃木GBは二回に青木玲磨の左前適時打で先制。その後も三、六回に追加点を挙げて4点をリードした。投手陣も茨城打線を寄せ付けずに完封リレー。先発ダニエル、2番手の石田駿が三回までを無失点。四回からは今季加入した成瀬がマウンドに立ち、八回までの5回を無失点に抑えた。

 栃木GBの次戦は3日午後1時から、ホームで埼玉と対戦する。