栃木県内の新型コロナウイルスの感染者数

クラスターが発生したキャバクラ店を巡る感染状況

栃木県内の新型コロナウイルスの感染者数 クラスターが発生したキャバクラ店を巡る感染状況

 栃木県と宇都宮市は1日、市在住の20~30代の男女計3人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内初のクラスター(感染者集団)が発生した同市宿郷1丁目のキャバクラ店「CLUB EIGHT(クラブ・エイト)」で感染が判明した従業員の知人と、従業員2人が陽性となった同所のホストクラブ店「Club Gentle(クラブ・ジェントル)」の従業員ら。

 県内の新規感染は5日連続。感染者数は計82人となった。

 クラブ・エイト関連では、6月28日に陽性が判明した30代男性従業員の知人として、新たに20代男性が陽性となった。

 クラブ・ジェントルでは20代男性従業員と、30日に陽性が判明した20代男性従業員の知人である30代女性の感染が確認された。

 6月27日以降、両店と同所のキャバクラ店「クラブ ‘efu(エフ)」で従業員らの感染が相次いだが、県は「予断は許さないが、感染の広がりは追えている」と認識を示した。

 県が独自に設けた感染状況に関する警戒度の四つの指標のうち「直近1週間の感染者数」は計16人で、3段階で最も高い「特定警戒」となった。ただ他三つの指標は最も低い「感染観察」のままで、県は総合的な警戒度も「感染観察」を維持している。

 県と同市は1日、計58件のPCR検査を実施。累計の検査件数は7346件となった。