3日午前9時ごろ、矢板市下伊佐野の市八方ケ原牧場で、ツキノワグマがわなにかかっているのを地元の猟友会員が見つけ、市に届け出た。

 市と矢板署によると、クマは1頭で体長約1メートル。同署は付近のパトロールを行い、市は市民メールや防災無線などで市民らに警戒を呼び掛けるという。