野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は10日、茨城県の牛久運動公園野球場で茨城と対戦し、7-5(規定により七回時間切れ)で競り勝った。3連勝で通算成績は6勝2分け1敗。

 栃木GBは初回に佐藤翔の右犠飛で先制。同点の三回には佐々木斗夢の左越え3点本塁打など長短打4本で一挙4点を奪い、主導権を握った。先発の比嘉大智が四回に4失点して一時1点差まで詰め寄られたものの、六回以降は山田綾人、ダニエルの継投で失点を許さず、接戦をものにした。

 次戦は11日午後1時から、足利市営球場で茨城と対戦する。