人気の「カツカレー」(手前)と少し辛めの「ビーフカレー」

 オリオン通りにある老舗カレー店。テークアウトができると聞き、人気の「カツカレー」(野菜付き、750円)を注文した。

Web写真館に別カットの写真

 豚ロースのカツに、ポークカレーがたっぷりかかった一品。ポークカレーは「万人受けするライスカレーがコンセプト」と店主の大橋好守(おおはしよしもり)さん(80)。商店街にある店として、幅広い年齢層に好まれる味にこだわり、辛さは控えめ。創業以来ほとんど変わらない味だ。750円という価格も15年ほど変わっていないという。辛めが好きな人には「ビーフカレー」(野菜付き、750円)がお薦め。

 テークアウトを始めた時期を聞くと、「20、30年前かな」と大橋さん。そんなに前からやっていたなんてびっくり。近所でお店をやっていた人から「忙しくてここで食べていけないけど、作ってもらえませんか」と要望されたことがきっかけという。以来、大々的に宣伝はしていないが、お願いされた時に対応できるよう持ち帰り用の容器をいつも店内に用意している。単品カレーメニュー10種類がテークアウト可能だ。

 大橋さんは「カレーはきっと1番は家庭の味。お客さんにとって2番目に好きなカレーでいいんです」と優しい口調で話した。

 ◆メモ 宇都宮市江野町1の8▽営業時間 午前11時~午後7時(現在は新型コロナウイルスの影響で午後4時まで)▽定休日 火曜▽(問)028・634・8361