増子未結

男子シングルスを制した足利大付の松尾=県総合運動公園テニスコート

増子未結 男子シングルスを制した足利大付の松尾=県総合運動公園テニスコート

 新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校総体(インターハイ)県予選の代替大会となる県テニス協会主催高校特別大会は24、25の両日、県総合運動公園テニスコートで男女のシングルスを行い、男子は松尾滉哉(まつおひろや)(足利大付)、女子は増子未結(ますこみゆ)(作新学院)が頂点に立った。

Web写真館に別カットの写真

 3年生と、前年度の新人戦16強の選手を対象に実施し、男子83人、女子28人がエントリーした。男女とも決勝は同門対決となり、松尾は7-5で飯田翔(いいだしょう)に競り勝ち、増子は6-2で2年の岩田真彩(いわたまあや)を下した。

 大会最終日は27日、同会場で男女ダブルスを行う。