県内の新型コロナウイルスの感染者数

 栃木県と宇都宮市は2日、20~50代の男女計4人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち同市在住の20代女性は同市本町、キャバクラ店「ショコラ ブラン」の従業員。4人は重症化はしていない。感染者の確認は2日ぶりとなった。累計の感染者数は199人。

 さくら市在住の40代男性は21日、県外の飲食店で県外在住の知人4人と会食。28日は那須塩原市内の職場に出勤した。飲食店では21日の別の利用客から陽性者が1人確認されているという。濃厚接触者は父、母、姉の同居家族3人で、今後PCR検査を実施する予定。職場での濃厚接触者はいない。

 宇都宮市在住の20代女性が勤務する「ショコラ ブラン」は、既に従業員の感染が判明している同市本町のキャバクラ店「リンダ」の系列店。女性は「リンダ」にも出入りしていた。濃厚接触者は知人2人。

 市は、24、25日の午後8時半~午前0時半に「ショコラ ブラン」を利用し、体調不良の症状が出た人や心配な人は、市保健所または最寄りの保健所に相談するよう呼び掛けている。

 同市在住の40代女性は発熱のほかみぞおちに痛みを感じ、受診時に肺炎像が見られたため検査を受けた。濃厚接触者は父。50代女性は発熱、味覚・嗅覚障害があり、感染が分かった。濃厚接触者はいないが念のため知人1人を検査する。同市は感染ルートなどを調べている。

 県と宇都宮市は2日、91件検査した。累計検査件数は1万4138件、退院は146人。