野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は8日、県営球場で茨城と対戦、3-2(規定により八回途中時間切れ)で逆転勝ちした。3連勝で通算成績は15勝2分け8敗。

 栃木GBは四回、1死二、三塁からルーカスの左前適時打で1点先制。先発の比嘉大智が七回に2失点し逆転されたが、その裏、1死三塁から内山翔太の左前適時打で同点。八回に無死二塁から安井勇輝が勝ち越しの右前適時打を放ち、再逆転に成功した。

 次戦は9日午後3時から、茨城県の牛久運動公園野球場で茨城と対戦する。