栃木県消防防災課は12日、熱中症とみられる症状で、午後4時までに17人が救急搬送され、そのうち真岡市、女性(77)が死亡したと発表した。

 消防防災課によると、女性は12日朝、自宅寝室で動けなくなっているところを家族に発見された。救急隊が到着した時点で心肺停止状態だった。エアコンは使用していなかったという。

 他の搬送者では、路上に倒れているところを発見された那須烏山市、男性(78)が重症。中等症は9人、軽症は6人だった。