新型コロナウイルスの関連情報を紹介するチラシ

 【日光】新型コロナウイルスに関する市民の不安払拭(ふっしょく)につなげようと、市はこのほど「正しく知って正しく防ごう新型コロナウイルス」と題したチラシ約3万部を作った。

 市新型コロナウイルス対策室によると、7月下旬の鬼怒川エリアでのクラスター(感染者集団)発生以降、感染拡大に対する懸念の声、PCR検査の受け方などの問い合わせが市などへ相次いだことから、正しい情報の周知を決めた。

 チラシはピンク色のA3判二つ折り。感染の仕方、感染が疑われる症状が出たり濃厚接触者となったりした場合の対応の流れ、PCR検査対象者や濃厚接触者の説明などが盛り込まれている。感染者や家族などへの偏見、誹謗(ひぼう)中傷などをなくすため「悪いのはウイルス。感染者じゃない」といったメッセージも載せた。

 新聞折り込みチラシとして配ったほか、市内各地の郵便局、コンビニなどでも配布。対策室は「事実に基づかない情報やうわさに惑わされることなく、正しい知識で冷静に対応を」と呼び掛けている。