トウモロコシ畑を使った巨大迷路=13日午前10時50分、那須塩原市千本松、小型無人機から

 栃木県那須塩原市千本松の千本松牧場で、トウモロコシ畑を使った巨大な迷路を楽しむイベントが開かれており、お盆休みの行楽客でにぎわっている。

 迷路の広さは約40アール。高さ3メートルほどの飼料用トウモロコシ1万4千本が生い茂る中を歩き、3つのスタンプを集める。13日は家族連れが続々と訪れ、探検気分を味わった。9月中旬まで開く予定。8年目を迎えた今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止と暑さ対策のため難易度を下げたというが、それでもゴールまでに30~40分かかるという。

 家族6人で楽しんだ埼玉県幸手市、小学4年中澤森(なかざわしん)君(9)は「少し難しい迷路だったけど楽しかった。また来たい」と満足そうに話した。