野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は13日、茨城県結城市の鹿窪野球場で茨城と対戦し、9-4(規定により八回時間切れ)で競り勝った。今季初の6連勝で通算成績は18勝2分け8敗。

 栃木GBは13安打で打ち勝った。2点を先制された直後の三回、佐々木斗夢(ささきとむ)の左前適時打で1点を返し、四回に若松聖覇(わかまつせいは)の左前2点適時打で逆転。その裏に2点を失い再びリードを許したが、五回に青木玲磨(あおきれいま)の左中間適時二塁打など4本の長短打を集めて3点を奪い再逆転。六回も安井勇輝(やすいゆうき)の中越え2点適時二塁打などで2点を奪って突き放した。

 投手陣は先発ダニエルが3四球に自身の暴投も絡んで4回4失点。それでも五回以降は4人の継投で無失点に抑え、反撃を許さなかった。

 次戦は14日午後2時から、茨城県の高萩市民球場で茨城と対戦する。