イベントを企画したトモヤさん(左)と娘のミレさん

 梅雨の季節が到来、気分をカラっとさせる催しはいかが? バンバ市民広場で17日、児童虐待防止を訴えるイベントが開かれます。

 企画したのは、市内を拠点に活動するロックバンド「Crazy Zephyr(クレイジー・ゼフィル)」の女性ボーカルTOMOYA(トモヤ)さん(50)。

 「実は私自身、虐待を受けた過去があるの」とトモヤさん。親の育児放棄で親戚宅を転々としながら成長。バンド活動に取り組む中で「自分と同じように苦しんでいる子をなくしたい」という思いが芽生え、長い準備期間を経て2年前に初のイベントを実現させた。

 当日はCrazy Zephyrのステージをはじめ、よさこいやモノマネ、着物早着せ、紙切り芸師ショーなど盛りだくさん。飲食ブースも出店するので、幅広い世代が楽しめそうですね。

 児童相談所への電話相談ダイヤル「189」の周知も目的。「児童虐待防止というと取っ付きにくいけれど、楽しいイベントを通じて『もしかしたら』と思ったら迷わず通報できる社会にしたい」。トモヤさんの熱意に賛同し、参加者はノーギャラなんですって!

 トモヤさんは、バンドメンバーで小学生の娘Mire(ミレ)さんらと出演。笑いあり涙ありのステージ、ぜひご覧あれ!

 午前11時~午後5時。観覧無料。