14日の自民党総裁選で栃木県関係の自民国会議員7人のうち、6人が菅義偉(すがよしひで)官房長官に投票した。安倍政権の路線継続や、菅氏が意欲的な規制改革の進展に期待した票が多かった。一方、これまで支持する候補を明らかにしていなかった船田元(ふなだはじめ)衆院議員は岸田文雄(きしだふみお)政調会長に投票した。

 菅氏と共に安倍政権を支えてきた自民県連会長の茂木敏充(もてぎとしみつ)外相は「新型コロナウイルス対策、景気回復などに最優先で取り組み、日本を前に進めるため、安定した政権運営による力強い政治を期待したい」とコメントした。

 初当選同期の菅氏に総裁選出馬を直接要請した佐藤勉(さとうつとむ)衆院議員は「本当にうれしい。感無量」と喜んだ。個人的に「菅首相」を数年前から目指してきたと言い、「一国の首相を選ぶ真っただ中に自分がいて、菅総裁を実現できたことは政治家冥利(みょうり)に尽きる」。菅氏には「選挙戦で主張したことや安倍首相の政策をさらに進めてほしい」と望む。

 簗和生(やなかずお)衆院議員は「コロナ禍の中、スピード感を持って的確な政策を実行する上で最適な方だ。苦境にあえぐ地方経済を重視した政策を望みたい」と菅氏に期待する。佐藤明男(さとうあきお)衆院議員、高橋克法(たかはしかつのり)、上野通子(うえのみちこ)両参院議員も菅氏に投票した。

 菅氏支持の所属派閥・竹下派の方針と違い、岸田氏に投票した船田氏は「政策に安定性があり、財政健全化の必要性を他候補より明確に主張していた。外交経験も豊富だ」と理由を語った。所得格差是正や憲法改正への考え方にも共感したという。菅氏には規制緩和やコロナ対応の継続を期待する半面、官邸主導の政権運営を続ける意向を示していることには「官僚の忖度(そんたく)が横行する状況はよくない。行きすぎた官邸主導の修正は必要だ」と指摘した。