荒井退造と島田叡の功績について話し合った「島守」シンポジウム=19日午後5時、県総合文化センター

 太平洋戦争末期の沖縄県警察部長で宇都宮市出身の荒井退造(あらいたいぞう)を顕彰する「『島守』シンポジウム」が19日、県総合文化センターで開かれた。兵庫県出身の島田叡(しまだあきら)知事と共に沖縄県民疎開に尽力した退造の功績について、来場者約400人やウェブで聴講した兵庫、沖縄県関係者らが考えた。

Web写真館に別カットの写真

 退造の生誕120年記念と銘打ち、映画「島守の塔」製作委員会が主催した。「沖縄の島守」とたたえられる島田と退造の功績から平和の尊さを考えつつ、沖縄、栃木、兵庫3県の関係者の絆を強めようと企画した。

 「島守の塔」の五十嵐匠(いがらししょう)監督が講演で作品のメーキング映像を紹介し、撮影再開への熱意を力説した。3県の関係者4氏の討論では各地での顕彰活動や退造の人間像などを語り合った。

 冒頭に宇都宮市を拠点とする「栃木エイサーシンカ琉和」がエイサー演舞を披露した。締めくくりとして退造の母校である宇都宮高演劇部の生徒7人が、6月に沖縄県で開かれた沖縄全戦没者追悼式で披露された「平和の詩」を朗読した。