新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 栃木県内の新型コロナウイルス感染者数は21日、新たに佐野市などで13人が確認され、計400人となった。300人を超えた8月28日から、24日間で98人の陽性が判明。うち半分以上の54人が、県内6例目のクラスター(感染者集団)となった同市のホームパーティー関連となっている。

 パーティーに参加した感染者は、今月10日の初確認から17日までの間、計18人に上る。感染はパーティー参加者の家族や同僚、同僚の家族などにまで短期間で急速に拡大した。

 累計感染者数が400人となったことについて、県は「クラスターを中心に感染が広がっているのは残念。接触がある人の調査を進め、これ以上感染が拡大しないよう防いでいく」としている。

 病床の稼働率は再び上昇傾向にあり、20日時点で「感染拡大注意」となる22.4%。一方で重症者は1人となっている。