県内の新型コロナウイルスの感染者数

25日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 25日発表の新型コロナウイルス感染者

 県と宇都宮市は25日、新たに計15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち3人はクラスター(感染者集団)が発生した佐野市のホームパーティー関連。同日、県が21日に陽性者として発表した小山市の未就学女児の発生届が取り下げられたため、累計の感染者は計425人となった。重症者は1人。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 佐野市の20~60代の男性3人は、パーティーに参加した陽性者らの同僚。同僚間での感染は計14人となった。パーティー関連の感染者は、群馬県での判明分も含め計67人。検査件数も計427件に上る。

 宇都宮市の40代女性は22日、他県の陽性者と接触していた。佐野市の10代男子高校生は県立高に通学しており、今後行動歴などを調査する。

 発生届が取り下げられた未就学女児は、抗原検査で陽性と判明した。しかしその後のPCR検査で陰性となり、医師が女児の症状から「新型コロナに感染していない」と判断した。発生届の取り下げは県内で初めて。

 県と宇都宮市は25日、計239件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は2万9380件、退院は344人。