明治安田J2の第27節は17日、各地で5試合を行い、栃木SCは東京Vと対戦、0-0で引き分けた。通算成績は9勝8分け10敗で勝ち点は35。

 栃木SCは前半開始から高い位置でボールを奪って攻勢を強めたが、4分のMF森俊貴、15分のFW明本考浩、30分の榊翔太のシュートはいずれも外れた。以降は相手に押し込まれる展開となり、32分、38分に決定的なシュートを許したが、GKオビ・パウエル・オビンナがブロックした。

 後半は4分にショートカウンターからカットインした明本が強烈なシュートを放つもGK正面。終盤は交代カードを次々と切ったが、最後までゴールは奪えなかった。

 栃木SCの次戦は21日午後7時半から、県グリーンスタジアムで琉球と対戦する。