小山南-茂木2回戦 後半6分、小山南のFW山本(右)が追加点のゴールを決めて仲間と喜ぶ=とちぎフットボールセンター

 第99回全国高校サッカー選手権大会栃木大会第2日は17日、矢板市のとちぎフットボールセンターほかで2回戦16試合を行い、宇都宮工や鹿沼東、小山南などが3回戦へ駒を進めた。

Web写真館に別カットの写真

 宇都宮工は鹿沼南との1回戦に続いて15-0で栃木翔南に大勝。小山南は4-2で茂木に逆転勝ちした。鹿沼東-黒磯南、宇都宮商-烏山はともに延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に鹿沼東、宇都宮商が勝利をものにした。矢板は4-0で鹿沼、小山北桜は3-0で矢板東に快勝し、佐野東は2-1で小山城南に競り勝った。

 大会第3日は24日、足利市西部多目的運動場ほかで3回戦12試合を行い、新人大会8強の4チーム(足利大付、小山、白鴎大足利、宇都宮短大付)が登場する。