電子看板の「ジャック・オ・ランタン」のCGを背景に、スマートフォンで自撮りするヨコタの社員

 発光ダイオード(LED)ビジョン活用のデジタルサイネージ(電子看板)を設置した真岡市田町のオフィス総合商社「ヨコタ」(横田透(よこたとおる)代表取締役)は、31日のハロウィーンを前にカボチャ形の妖怪「ジャック・オ・ランタン」などが登場するCGの動画配信を始めた。

 動画は「Trick or treat」の文字が浮かび上がり、ライトアップされた大小無数のオレンジ色の「ジャック・オ・ランタン」や目玉などが移動する。ハロウィーンまで街中の雰囲気を盛り上げようと、同社WEB事業部の社員が制作し16日に配信を開始した。31日まで。

 放映時間は午後2時10分~2時半、2時35分~3時、4時10分~5時15分、6時10分~7時15分、8~9時の計5回。同社はイメージCGなどの配信のほか、新たにニュースや天気予報の情報提供も始めた。