県内の新型コロナウイルスの感染者数

 栃木県は18日、那須塩原、真岡両市在住の男女計2人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち那須塩原市在住の60代男性は県教委の非常勤職員。感染者は計465人となった。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 那須塩原市の男性は13、14の両日、都内で陽性が確認された娘と都内で会食。16日に症状が出た。

 男性は14日、宇都宮市野沢町の「パルティとちぎ男女共同参画センター」で相談員を務めていた。主に個室で電話相談に当たっていたため、職場での濃厚接触者はいない。同センターは消毒を実施し、20日以降は通常通り業務を行う。

 真岡市在住の30代会社員女性は県外の職場に勤務。同居・別居家族ら計6人を今後検査する。

 県と宇都宮市は18日、計13件の検査を実施(委託分は未集計)。累計検査件数は3万4490件。退院者は438人、入院者は27人で重症者はいない。