山頂付近が初冠雪した男体山=18日午前、日光市今市本町

山頂付近が初冠雪した男体山=18日午前、日光市今市本町

山頂付近が初冠雪した男体山=18日午前、日光市今市本町 山頂付近が初冠雪した男体山=18日午前、日光市今市本町

 宇都宮地方気象台は18日、奥日光の男体山(2486メートル)が初冠雪したと発表した。

 同気象台によると、18日早朝、山頂付近に雪が積もっているのを職員が目視で確認した。昨年より25日、平年より12日早い。

 同日、奥日光の最低気温は2.7度。前日より1.7度、平年より1.8度低く、同所では今季1番の冷え込みとなった。前日の雨が、標高が高い男体山では雪となった。

 日光二荒山神社中宮祠の多田隆一(ただりゅういち)権禰宜(ごんねぎ)(44)によると、前日、男体山を登った登山者らが山頂に雪が積もっているのを見た。多田さんは「防寒対策などの準備をし、登山の計画は時間に余裕をもって立てるようにしてもらえれば」と話している。男体山の登山期間は11月11日まで。