県知事盃ゴルフ一般男子の部を制した康翔亮=20日午後4時35分、那須町湯本

 第55回栃木県知事盃争奪ゴルフ競技大会(県ゴルフ連盟、県ゴルフ場協議会、下野新聞社主催)最終日は20日、那須町湯本の那須ゴルフ倶楽部(6434ヤード、パー71)で一般男子の部の決勝を行い、佐野日大高2年の康翔亮(こうしょうすけ)(東京)が1アンダー70の好スコアで初優勝を飾った。高校生王者は2年連続で6人目。

 大会には県内各地の予選、地区大会を勝ち上がったトップアマ147選手が出場。県内ナンバーワンアマの称号を目指して一打にしのぎを削った。

 康はアウトを3アンダー33でターンし、単独トップに躍り出た。後半インは14番パー4でダブルボギーをたたいたものの、最終18番パー4で9メートルのロングパットを沈めてバーディーを奪い、2オーバー37にまとめた。1打差の71で本澤篤(ほんざわあつし)(那須塩原)が2位、1オーバー72で上河内中2年の小林尚史(こばやしなおふみ)(宇都宮)が3位に食い込んだ。

 新型コロナウイルスの影響で、本大会は予選スタートが6月1日と20日遅れとなったが全日程が終了した。