J2第28節の栃木SCは21日、県グリーンスタジアムで琉球と対戦、4-1で6試合ぶりの白星を手にした。通算成績は10勝8分け10敗で勝ち点は38。順位は11位に浮上した。

 栃木SCは前半5分に右CKをニアに飛び込んだFW榊翔太がバックヘッドで合わせて先制に成功。同29分にCKから相手DFに頭で決められ同点とされたが、後半11分にはMF黒崎隼人の強烈なミドルシュートを榊が体に当てて押し込み勝ち越しに成功した。さらに2分後には黒崎の右クロスにMF森俊貴が頭で合わせて3点目。29分には再び黒崎の右クロスを森が右足で流し込み、決定的な4点目を奪った。

 次戦は25日午後4時から、松山市のニンジニアスタジアムで愛媛と対戦する。