前照灯の早め点灯などを呼び掛ける画像を映した大型ビジョン=23日午前、宇都宮市インターパーク4丁目の「日環」本社

 日没が早まる秋以降の交通事故を防ごうと、宇都宮南署と宇都宮中央署は23日、宇都宮市内3カ所の屋外大型ビジョンで、前照灯の早め点灯などを呼び掛ける画像の放映を始めた。

 大型ビジョンは、同市インターバーク4丁目の産業廃棄物処理業「日環」本社と、同市下栗町の同社子会社社員寮、同市西一の沢町の書店の3カ所。いずれも設置者が無償で協力した。約5分ごとに2種類の画像を15秒間流し、「16時だよ全員点灯」「夜はハイビームこまめに切り替え」のキャッチフレーズでドライバーに注意を促す。

 宇都宮南署の宇賀神浩一(うがじんこういち)交通課長は「日没時間帯の事故が目立ってきた。画像で事故を1件でも減らせれば」と話した。