紅葉が色づき始めた温泉街で2階建てオープンバスに試乗する関係者

2階建てオープンバスの前でテープカットする関係者

紅葉が色づき始めた温泉街で2階建てオープンバスに試乗する関係者 2階建てオープンバスの前でテープカットする関係者

 【那須塩原】紅葉シーズンの塩原温泉郷を堪能できるジェイアールバス関東西那須野支店の2階建てオープンバス「めいぷるスカイ号」の運行オープニングセレモニーが30日、塩原温泉バスターミナルで行われた。屋根のない開放感と目線の高さから間近に紅葉を感じられることが特徴で早速、関係者らが試乗した。運行は31日~11月23日。

 市観光局、塩原温泉観光協会、塩原温泉旅館協同組合と同社が企画。2階建てのオープンバスの導入は北関東で初めてという。

 もみじ谷大吊(つり)橋などの紅葉スポットや大正浪漫街道、バレーラインなどのルートを巡り、地上3・8メートルの高さから眺望が楽しめる。客席は2階席のみで40席。同観光協会は「紅葉の良い時期の塩原を堪能してもらい、秋の塩原の名物の一つに育てたい」と期待を込める。

 1日2便の運行で予約制。(問)塩原温泉観光協会0287・32・4000。