栃木県内の新型コロナウイルスの感染者数

19日発表の新型コロナウイルス感染者

栃木県内の新型コロナウイルスの感染者数 19日発表の新型コロナウイルス感染者

 栃木県と宇都宮市は19日、宇都宮や足利、栃木など6市と群馬県在住の10~60代男女計15人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも重症化していない。県内の感染者は計542人となった。1日に発表された感染者数が2桁となったのは9月25日以来、55日ぶり。

 足利市在住の10~60代男女4人は同居する家族。うち60代無職男性は13日に他県の知人と会食し、15日に感染者の1人である群馬県在住の40代女性と接触した。男性の子の20代会社員女性は15日に群馬県内の職場で接客業務に従事し、10代男子高校生は16~18日に群馬県内の高校に通学した。

 小山市在住の40代無職女性と10代女子高校生は親子。女子高校生は16、17の両日、県立高に通学した。下野市在住の60代会社員男性は17日に陽性が判明した60代医療従事者女性と同居する夫だった。

 宇都宮市在住の60代無職女性は12日に知人2人と県内へ外出し、13日に発症しした。20代無職女性は16、17の両日、60代会社員男性は13日に県外在住の陽性者とそれぞれ接触があった。

 県と宇都宮市は19日、計93件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は計4万9184件、退院者496人、入院者46人、重症者4人となった。