サッカーの全国地域チャンピオンズリーグ(CL)決勝リーグ第2日は21日、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムで2試合を行い、関東代表の栃木シティFCは十勝スカイアース(北海道)と対戦し、1-0で競り勝った。通算1勝1分けとしてFC TIAMO枚方(関西)と勝ち点4で並んだが得失点差で2位。

 圧倒的に攻め込みながら前半を0-0で折り返した栃木シティは、後半23分に左CKのこぼれ球をDF大島嵩弘が押し込んでようやく先制。追加点は奪えなかったが、その後も試合を支配してリードを守り切った。

 栃木シティは23日午前10時45分からFC TIAMO枚方と対戦。3戦通算の勝ち点で上位2位以内に入ればJFL昇格が決まる。