4位に終わった宇都宮ブリッツェンCXチームの小坂=長峰スポーツ公園、小森信道さん撮影

4位に終わった宇都宮ブリッツェンCXチームの小坂=長峰スポーツ公園、小森信道さん撮影

4位に終わった宇都宮ブリッツェンCXチームの小坂=長峰スポーツ公園、小森信道さん撮影 4位に終わった宇都宮ブリッツェンCXチームの小坂=長峰スポーツ公園、小森信道さん撮影

 自転車オフロードのシクロクロス(CX)日本一を決める第26回全日本選手権飯山大会は29日、長野県飯山市の長峰スポーツ公園特設コース(1周2・5キロ×7周+0・6キロ=18・1キロ)で行われ、男子エリートに出場した宇都宮ブリッツェンCXチームの小坂光(こさかひかる)は1時間1分57秒で4位だった。

 3年ぶりの優勝を目指した小坂。1周回目の終盤に飛び出した2選手に食らい付けず、2周回目も泥区間でライン取りを誤って4番手に後退した。その後は3位争いにも絡めず、トップと1分44秒差でフィニッシュ。レースはゴールスプリントを制した沢田時(さわだとき)(ブリヂストン)が優勝した。