「現代用語の基礎知識選 2020ユーキャン新語・流行語大賞」が1日発表され、年間大賞に「3密」が選ばれた。トップテンには「アベノマスク」や「オンライン〇〇」が入るなど、コロナ禍を反映した言葉が並んだ。

 昨年はラグビー日本代表チームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」、AIG全英女子オープンゴルフで優勝した渋野日向子(しぶのひなこ)選手の愛称「スマイリングシンデレラ/しぶこ」が選ばれたが、今年は残念ながらスポーツ界を象徴する新語・流行語はなかった。

 その「しぶこ」は日本時間15日まで行われた全米女子オープンでメジャー2勝目は逃したものの、最後まで優勝争いを演じた。「ONE TEAM」は、2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会1次リーグの組み合わせが決まり、新たな挑戦が始まる。

 聖火リレーの日程も改めて発表された。来年は1年延期となった東京五輪・パラリンピックを迎える。スポーツが列島を沸かせ、新たな流行語が生まれることを期待したい。