雪が降る中、勇壮に矢を放つ弓道家ら=4日午前10時50分、日光市中宮祠

 日光市中宮祠の日光二荒山神社中宮祠で4日、1年間の無事を願う新春の恒例行事「武射祭(むしゃさい)」が行われ、神職ら約20人が勇ましく白羽の矢を放った。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、参列者を制限するなどして実施した。

 武射祭は男体山の神と赤城山(群馬県)の神が戦場ケ原で争った際、男体山の神が弓の名手の加勢を得て勝利した神戦譚(たん)に由来する。

 雪が降る寒空の下、参列者は社殿での神事を終えた後、境内にある上神橋へ移動。最初に中麿輝美(なかまろてるみ)宮司が「ヤー」という掛け声とともに、赤城山の方角に位置する中禅寺湖方面に矢を放った。その後、神職や市内外の弓道家が続いて弓を引いていった。

 中麿宮司は「今年は新型コロナの感染防止や国家の安泰、地域の平安やご多幸を祈念して矢を放った」と話した。放たれた矢は縁起物として、見物客が持ち帰った。