SL大樹のサウンドを収録したオリジナルカセットテープ

 東武鉄道は16日~4月26日、蒸気機関車(SL)「大樹(たいじゅ)」のさまざまな音を収録した「SL大樹オリジナルカセットテープ」をプレゼントするSL大樹乗車キャンペーンを実施する。また16日から特別編テープを限定で販売する。

 煙突からの排気音(ドラフト音)などSLの特徴的な「音」をSL大樹の新たな魅力として発信する。音響メーカーのティアック(東京都)の協力を得て、あえて「カセットテープに収録することでSLやDL(ディーゼル機関車)が走っていた『昭和当時の雰囲気』を味わえる迫力あるSLサウンド」(東武鉄道)を再現した。

 三つに分けたキャンペーン期間中、SL・DL大樹車内で配布するデザインの異なる記念乗車証4枚を集めた人に、期間ごとに収録内容が異なるカセットテープ300本を贈呈する。

 また普段聞けない運転室内や火床整理・点検作業の音を収録した特別編も製作し、1本500円で限定300本を販売する。16日当日は下今市SL展示館で、17日以降は鬼怒川温泉駅ツーリストセンターで扱う。

 カセットテープデッキを用意できない人向けに、カセットテープに記載されているQRコードからデジタル音源をダウンロードできるようにした。