おいしそうな焦げ目が食欲をそそる「焼サバ寿司」

 オリオン通りにある大衆居酒屋。海鮮をメインに提供していて、昼のランチ時にもスーツ姿の客が入店するのをよく見掛ける。気になり始めていたお店。昨年始めたというテークアウトを利用してみた。

Web写真館に別カットの写真

 テークアウトメニューは「海鮮丼」(700円)や「お刺身盛合せ」(3点盛り780円)、「ホッケ焼」(580円)などさまざま。ご飯や宅飲みに活用できそうだ。今回は店の名物という「焼サバ寿司」(500円)を注文した。

 早速実食。形が整った酢飯の上に、おいしそうな焦げ目が付いた焼きサバが乗っている。サバの干物を焼いているため、うまみが濃厚。酢飯には大葉がまぜられ、上品な香りがサバ独特の臭みを感じさせない。

 料理長の渡辺拓也(わたなべたくや)さん(33)は「もともとテークアウトだけで出していましたが、好評なので店内でも出し始めたんです」と話す。お土産に買って帰る人もいるんだとか。確かに、お土産にもらえるとうれしい!

 脂が乗ったサバは、優しい甘さの酢飯との相性がいいのか飽きが来ず、1人でペロッと平らげてしまった。「厳しい時期ではありますが、今まで来ていなかった方にも気軽に持ち帰ってほしい」と渡辺さん。おうち時間でプロの料理を味わってはいかが?

 メモ 宇都宮市曲師町4の2▽営業時間 午前11時30分~午後8時(営業時間短縮中)。▽定休日 なし▽(問)028・612・7966