バスケットボールB1の宇都宮ブレックスは27日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)でA東京と対戦し、59-83で完敗。連勝は4で止まった。順位は通算24勝6敗で東地区首位のまま。

 試合は序盤から激しい守備の応酬。ブレックスは終盤にテーブス海らの得点で抜け出すと、ジェフ・ギブスのブザービーターも決まって第1クオーター(Q)で19-13と先行。第2Qはけがで戦列を離れていた比江島慎が昨年12月の富山戦以来となる実戦復帰。31-27で前半を折り返した。

 しかし、第3Q序盤から連続14失点で逆転を許すと攻撃が停滞。第4Qも相手の勢いを止められなかった。

 次戦は30日午後5時5分から、東京都大田区総合体育館でSR渋谷と対戦する。