益子町が茨城県笠間市と共同申請し認定された日本遺産「かさましこ ~兄弟産地が紡ぐ“焼き物語”~」。ストーリーの主要な構成文化財とともに、地域資源の魅力などを紹介する。

藍染め用の甕(かめ)が並ぶ工房内に立つ日下田さん

 昨春ふき替えたかやぶき屋根が、2月中旬の穏やかな日差しにまぶしく光る。江戸時代後期に建てられ、県指定文化財になっている日下田邸(染色工房併用)。当主で日下田紺屋(こうや)9代目の染織家日下田正(ひげたただし)さん(81)が「全面的にふき替えたので費用も大変でした」と苦笑した。

Web写真館に別カットの写真

 かつて県内に百数十軒あったという藍染め業の「紺屋」。時代とともに合成染料や化学染料に押され、現在は日下田さんを含め2軒のみという。染織家の故柳悦孝(やなぎよしたか)さんの下で修業し、先代で父の故日下田博(ひろし)さんを継いだ。博さんに続き2018年、県文化功労章を受章する。

 民芸運動に取り組み、後に人間国宝となる陶芸家濱田庄司(はまだしょうじ)が戦前の昭和10年代初め、地元の職人の跡継ぎを集めて「益子を手仕事の町にしよう」と呼び掛けた。博さんは、そこに招かれた一人だったという。

 日下田さんは今秋、集大成となる作品展を益子陶芸美術館で開催する予定だ。「手仕事に宿る美を追求しつつ、後継者も育てしっかり後世に伝えていきたい」

 メモ 益子町城内坂1。工房内で藍染めの財布やマスクなどを販売しているほか、工房北側のギャラリーでもストールやシャツを展示即売している。午前8時半~午後5時。月曜定休。(問)日下田さん方0285・72・3162。

 ミニ知識 紺屋は江戸初期から明治初期にかけて全国各地に存在し、日本人の衣料の80%を染めたという。江戸時代の藍染めの色名は色の濃さに応じて「かめのぞき」から「紺」まで16種類に分かれていたとされ、明治8(1875)年に来日した英国人化学者は藍色を「ジャパン・ブルー」と名付けた。